目指せ!超・雑記ブログ

備忘録的なブログ。考えたこと、経験したこと等を書いています。

仕事においてメールと電話のどちらを優先すべきか

どっちでもない。時と場合、相手による。結局はそうなのだと、僕は思う。

どっちもコミュニケーションツールにすぎない

メールだろうと、電話だろうと、LINEだろうと結局は自分の考えや情報を伝えるための手段でしかない。きちんと伝わればどれでもいいと思う。

ただそれを受け取る側がどう感じるかが問題なんだと思う。急ぎの連絡なのにメールだとかは良くない。かといって電話だけで済ましてしまうと、電話は掛ける側の都合優先だからそれも良くないし、記録が残らないから後で言った、言わないの問題になることもある。

ならどうすれば良いかと考えると、正解なんか存在しないと思う。

メールと電話を併用する

仕事で使う連絡手段で、メールと電話のどちらが優れているのかと言われると、僕はメールが優れていると思う。簡潔に文章を書こうとすると自分の考えをまとめる必要があるし、受け取った方も必要な情報を漏れなく得ることができる。

そんなメールでも相手に誤解を与えることもあるし、読んでくれないということもある。そこを補う方法としては、メールを送ってから電話すればいい。