目指せ!超・雑記ブログ

備忘録的なブログ。考えたこと、経験したこと等を書いています。

引っ越しすると寂しく感じるのは何故か

引っ越しとか、身の回りの環境が大きく変わると、なんだか寂しい気持ちになる。自ら望んだ変化なら、そんな気持ちにはならないけれど、そうじゃないときは不満もあるし、寂しさを感じる。

住み慣れたところから離れて、友だちもいないところだし、知ってるお店もない。特に引っ越しはインパクトが強い。引っ越しを伴わない転職の方が楽だ。

こんな気持ちも、いざ新しい生活が始まると吹っ飛んでいくんだろうけれど、それまでは気分が悶々とする。友だちとの楽しかった思い出とかに感傷的になったりする。引っ越したくなくなってくる。

でも、よく考えてみると、普段仕事をしていてその友だちと頻繁に連絡を取り合っていたかというとそうでもないのに気づく。節目々で飲みに行くとか、その程度だったりもする。なら何故そんな友だちと離れることで寂しさを感じるのか。きっと思い出補正だな。

思い出補正というと、過去の出来事の良いところだけ記憶に残って、記憶が美化されることだ。小さい頃やっていたTVゲームが無性にやりたくなるのと同じだ。そんな思い出補正で寂しさを感じてクヨクヨするのはあまり意味がない。これからのことを考えて、やるべきことをやっていこう。

変化が大きいと、変わらないものを無意識に探すのかも知れない。それが友だちとの思い出とか、そういったものに向くのかも知れない。変化を嫌うのは人として当然なことだから、それも仕方ない。そうだと分かれば寂しさと上手く付き合っていける。