目指せ!超・雑記ブログ

備忘録的なブログ。考えたこと、経験したこと等を書いています。

他人と比較しても意味がない。自己評価の基準は絶対評価だ。

自己評価は相対評価ではなく絶対評価。他人と比べて自分が勝ってる、劣ってるとか評価しても意味がない。

同世代のひとの肩書きとか、年収とか、そんなことを気にして劣等感を感じる必要はない。単純に「幸せそう」と思い込んでいるだけかも知れない。

いま、自分は自分に満足してるか、満足しているならそれでいい。満足してないなら、たぶん、何に不満なのかは既に分かっていると思う。それに意識を集中して一つずつ達成していけばいい。

他人の成功を感じたときは、羨ましがるのではなく、そこから奈にかを得ればいい。年が離れていればそれも容易にできるかも知れないけれど、年が近いと難しい。自慢話しのように聞こえてイライラする。それでもそれをグッとこらえて「へー」と受け流す。

他人と自分を比べない。比べるなら過去の自分と今の自分だ。過去よりよくなっているならいい。悪くなっていたら要改善。軌道修正は早い方がいい。

改善の基本は後戻りをしないこと。「間違ったら戻せばいい」という考えではなく 、「間違ったらそこから更に変えていく」ということ。信念を貫き通すことが重要だ。信念を貫き通そうとすると、他人の目なんか気にしてられない。どう見られても、どう思われてもいい。とにかく今をより良くすることを考える。

人生はいろいろある。良いことも悪いことも。他人と自分を比較してしまって、劣等感を感じてしまったら一度自分を見つめ直してみる。何をすべきなのかが見えてくる。