目指せ!超・雑記ブログ

備忘録的なブログ。考えたこと、経験したこと等を書いています。

超簡単!すぐに試せて誰にでもできる、「温かみ」のある写真の撮り方

はじめに

はじめて一眼レフを買ったはいいけれど、思うような写真を撮ることは難しいですよね。室内で写真を撮ったとき、もう少し暖かみのある印象が欲しいなと思うこともあります。そんなとき、手軽に暖かみを出す方法についてご紹介したいと思います。子供の写真を撮る時に使えます
f:id:r-w:20170304231807j:plain:w200

フラッシュを使って暖かみを出す

まずはじめに、この方法が正しい方法なのかはわかりません。簡単な方法なので、試してみて実感してもらえればと思います。

まず、室内の蛍光灯下で撮った写真です。被写体はあまり気にしないでください。

次に内蔵のフラッシュを使用して撮った写真です。

フラッシュを使用したので全体に明るくなっています。色合いもはっきりしているような印象です。

さいごにフラッシュを使用しますが、フラッシュの前に手のひらをかざして、直接フラッシュの光が被写体に届かないようにして撮った写真です。手のひらにフラッシュの光を反射させて、天井に当たるようにしています。
何となく一番暖かみが出ていませんか?

方法はこれだけです。室内で暖かみのある写真を撮るときはフラッシュを使用して、フラッシュの前手のひらをかざして、手のひらでフラッシュの光を天井に付近に反射させて撮るという方法です。

フラッシュの光の色は白色ですが、この白色の光を直接被写体に当てるのではなく、一度手のひらに反射させることで、手のひらの色(赤色っぽい色)を被写体に当てることができます。こうすることで自然な暖かみを被写体に与えることができるのだと思います。

さいごに

写真を撮るとき、光はとても大切なのだと感じます。光に意識して写真を撮ると、一層写真が楽しくなります。
以上、ご参考までに。