白でもなく黒でもない

素(白)人と玄(黒)人の間にいる僕自身が、白黒はっきりさせずに曖昧な感じで気楽に、方向性を決めない雑記ブログを目指します。

真空ポンプの周辺設備について~安定した真空状態を作る~

はじめに

真空ポンプの周辺設備についてまとめます。深く考えたことがなかったけれど、知ってみるとなかなか面白い。新しいアイデアに繋がることを期待します。
f:id:r-w:20170201004136j:plain:w300

真空回路に附帯する設備

真空サーバー

圧縮エアはエアコンプレッサーで作られた後エアタンクに貯められる。エアタンクに一時的に貯めることで、末端でエアを消費したときの圧力変動を少なくすることができ、安定的に圧縮エアを供給することができる。

圧縮エアと同じ様に、真空状態(減圧エア)もタンクに一時的に貯めることで、真空ポンプの負荷を減らすことができそう。(有)ベックの真空サーバーを知って改めてそう感じた。

ただ、圧縮エアの場合、コンプレッサーで0.8MPa位まで圧力を上げられる。一方、真空ポンプの場合はどんなに頑張っても-0.1MPaが限界になる。つまり、減圧の場合は圧縮よりも蓄圧するために大きなタンクが必要にはなる。
けれど、真空ポンプにインバータ駆動にして、真空サーバーを併用すれば省エネにはなるのかな。

ドライ真空ポンプでは、大気圧からの真空引きはポンプに良くないらしい。これを考えると、真空サーバーを使用するメリットは、省エネ以外にもポンプ保護の点でも有効なのかもしれない。

(メーカー) (有)ベック

さいごに

真空についてちょっと調べてみただけで、真空産業の奥の深さに驚いた。僕も真面目に勉強しないとマズイなと感じた。面白いアイデアを求めて様々な業界を学んでいきたいと思う。