読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白でもなく黒でもない

素(白)人と玄(黒)人の間にいる僕自身が、白黒はっきりさせずに曖昧な感じで気楽に、方向性を決めない雑記ブログを目指します。

100均の突っ張り棒とワイヤーネットの組合せはマジで使える!

生活の知恵的なこと

はじめに

今は100円均一で色々な物が手に入りますね。最近では200円や300円の商品も店頭に並ぶようになって 、益々使い勝手が良くなっています。
そんな100円均一の商品の中で、突っ張り棒とワイヤーネットの組合せが本当に使えると思ったので、ここでお伝えします。
f:id:r-w:20170219014023p:plain:w300

突っ張り棒とワイヤーネットの活用法

ベビーゲートにする

f:id:r-w:20161109210903j:plain:w300
まずは上の図の様なものを作ってください。これをひとつのユニットとしてガンガン活用していきます。
作り方はカンタン。必要な長さの突っ張り棒2本と、ワイヤーネットを購入して、それらを結束バンド(インシュロックとも呼ばれるもの。100円均一で手に入ります)でくっ付けるだけ。

これを通せんぼしたいところに、上下2本の突っ張り棒で突っ張ってください。これでベビーゲートの完成です。

市販のベビーゲートの様な扉はありませんが、大人は跨げばいいだけです!脚上げ体操だと思いましょう。市販のベビーゲートは3,000円くらいから購入できますが、ちょっとした工夫で100円均一の材料でも作れてしまいます。

突っ張り棚にする

上で紹介したユニットは、棚としても使えます。ちょっとした隙間に棚が欲しいことってありませんか?そんなときには是非おすすめです。壁の間に突っ張って棚にしちゃいましょう。重いものは乗せられませんが、ボックスティッシュくらいなら余裕で耐えてくれます。

ウォールシェルフにする

このユニットを利用すれば、キッチンの壁などに突っ張ることで簡単に壁掛け収納を作ることもできます。
ワイヤーネットにS字フックでキッチン用品をぶら下げてもいいですし、100円均一にはワイヤーネット用品が色々ありますので、それを使って自由に棚をレイアウトできます。

鍋やフライパンをぶら下げても問題ない強さで支えてくれますよ。

さいごに

DIY(Do It Yourself)が流行っていますね。自分でできるものは自分でする。作れるものは自分で作る。自分で作ると愛着が出てなかなか良いものですよ。
100円均一の材料でできちゃうと、失敗してもお財布には優しいですしね。