目指せ!超・雑記ブログ

備忘録的なブログ。考えたこと、経験したこと等を書いています。

就職面接とか、人前で話す時に緊張せずに自信を持つために意識したいこと

就職、転職活動で必ずある面接。個別だったり、集団だったり。
僕自身は個別面接しか経験はないのだけれど、面接終了後に手応えがなかったことを何度も経験しました。

緊張してしまって上手く対応ができなかったこともありますが、緊張していないと感じたのに自分の経歴に自信を持てなくて失敗してしまったこともあります。

その時の反省を含めて、考えを整理したいと思います。

人前で話す時、なぜ緊張するのか

f:id:r-w:20170726133531j:plain:w300

就職面接に限らず、プレゼンなどで人前で話すことが苦手な人は多いと思います。僕も苦手です。
でも、最近ではその苦手意識を克服しつつあるように感じています。

なぜ緊張するのか?

それは、「背伸びをして実力以上の自分を示そうとしているから」だと思います。
就職面接だと、内定を貰いたい一心で、自分を良く見せようとしてしまう思いますが、これが緊張を生む原因になると思います。
良く見せようとしなければ全く緊張しないのかと言われると、そうではないけれど、緊張度合いが違います。

自分を良く評価してもらおうと思うと、事前準備でいい回答を考えて、これを暗記して面接に臨む傾向があると思います。
でも、この状態で面接に臨むと、暗記していたことを言えるかということに意識がいってしまい、これが緊張を生む。

緊張とは、引き締まってゆるみがない状態のことだけれど、この状態では面接官からの質問に柔軟に対応できない。
想定外の質問が来た時にはプツンと切れてしまい、そうなったらリカバリーはできない。

自信を付ける方法として意識したいこと

自分の潜在意識に建設的な考えを刷り込むことを意識したい。

潜在意識、無意識への刷り込み効果については、酔い止め薬についての話を聞いた事がある。
車に弱い人が、酔い止め薬だと言われて普通のラムネを飲んだところ、酔わなかったという話です。

否定的な考えを自分の潜在意識に刷り込んでしまうと、良い結果は生まれない。
その代わりに、建設的な考えを潜在意識に刷り込めば、それが現実化して良い結果につながる。


僕も就職面接が連敗続きだった時に、自分のキャリアを否定的に考えていたことがあります。
「~の経験がない」「~はできない」という風に、出来ないことばかりを考えてしまい、自信を失っていました。

こんな状態では面接は上手くわけもない。そんな状態を救ってくれたのがキャリアアドバイザーでした。
「~の経験がない」「~はできない」と僕が考えていたことを克服することは、簡単だと教えてくれました。
根拠があったかどうかは分かりませんが、それを聞いた僕は自分のキャリアに自信を取り戻して、そのあと簡単に内定を貰うことができました。

自分の潜在意識に建設的な考えを刷り込むのに、根拠なんかは必要ない。できると思い込むことが大切なのだと感じた。

今の自分に集中すれば、緊張しないで自信をもてるのかも知れない

時間軸で過去、現在、未来を考えると、これらは繋がっている。
過去の経験が今の自分を作り、今の自分の選択が未来の自分になる。

これまでの経験は変えることができないし、未来に不安を抱いてもどうすることもできない。
コントロールできるのは「今」の自分しかないのだから、そこに集中することが大切だろう。

過去の事、未来の事をあれこれと考えて迷い、自信をなくすのではなく、今どうするかに意識を集中する。
背伸びもしない。等身大の自分を誇りに思う。

多くの哲学者は、人間こそこの世での「運命の支配者である」と言っている。・・・人間が自分の運命の支配者であるのは、自分の潜在意識をコントロールする力を持っているからなのだ。(「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著 P161)


就職面接には人生が掛かっているのだから、自分をコントロールして最適な会社から内定を貰えるといいと思います。

すだれを使って冷房効率UP!初めてすだれを使ってみた

あつい、、、

地球温暖化が進行しているのか、最近暑い日が続きます。
もう、熱中症を予防するためにもエアコンの冷房は欠かせないですね。

熱中症を予防するためにも、適度な冷房の使用は推奨されているけれど、みんなでエアコンを使っちゃうと、温暖化が更に進行しちゃうんじゃないかって心配もないことはない。

家庭的に言うならば、冷房で電気代がかさむとかの打撃もあるし、出来るだけ効率的なエアコンの使用を心掛けたい。

そんなわけで、行き着いたのが「すだれ」を使うというアイデア。我ながらいい考えだ。

(え?そんなん当たり前だって?)
(いえ、初めてのすだれデビューだったので、いろいろ考えを巡らせたんです!)

すだれをどうやって掛けるのか?

我が家は南向きに大きな窓があって、日当たりは抜群。
洗濯ものはよく乾くし、冬はポカポカして良いのだけれど、夏場はエアコンの効きが悪くて、26度設定にしても部屋の温度が30度くらいになっちゃいます。

なので、今回のターゲットはこの南向きの窓。
ここにすだれを掛けて、直射日光を遮断しようと考えました。

すだれは室内と室外のどちらに掛けるのが効果的かというと、室外に掛けた方が断然効果的とのこと。
室内にすだれを掛けると、窓際の空気が日光で暖められて、それが部屋に拡散しちゃうけれど
室外にすだれがあれば、日光で暖められた空気は風で流れていくからね。

さて、どうやって室外にすだれを掛けるか、、、。

悩みました。

賃貸住宅なので外壁に穴をあけてフックを取り付けることもできない。
粘着フックで外壁に固定しちゃうことも考えたけれど、耐久性が心配だし、これも賃貸住宅では良いのか?と心配。

さて、どうしたものか、、、。

洋風タテスという救世主

洋風タテス、サンシェードっていうのか、窓に立て掛けて使う日除けを、近所のホームセンターで発見!

お値段、すだれの2倍くらい。それでも使いやすそうだし、耐久性もあって繰り返し使えそうだし、軽くてコンパクトだしってことで、購入してみました。

サイズは縦 240cm × 横 180cm という感じ。4000円しませんでした。

設置してみた感じはこんな感じ。窓を隠すように立て掛けるだけ。

f:id:r-w:20170724162243j:plain:w300

かんたん。

ちなみに部屋の中からの眺めはこんな感じ。

f:id:r-w:20170724162225j:plain:w300

この日は若干曇り。少し暗くはなってしまったけれど、良い感じで日光を防いでくれてます。

風で倒れないように対策を取ろう

タテスはただ立て掛けているだけだと、風で簡単に倒れちゃいます。
実際に僕も、設置中に吹いてきた風で倒されてしまいました。

タテスの上と下、それぞれを紐で建物と固定して完成です。

f:id:r-w:20170724162238j:plain:w300

この写真は下側の足を紐で結んだ状態。

雑っ!

いいんです。どうせひと夏で片付けるから!

タテスの内側に向かって軽く紐で結ぶだけで十分です。
外側に向かって紐で結ぶと意味がないので注意です!


さて、これだけでエアコンの効率が良くなるのなら良い感じ。
タテス、たてす、TATESU、、、なかなか良い物を見付けた。

退職時にもらう書類、入社時に必要な書類。退職手続きの参考に

退職手続きとか、新しい会社への入社の手続きって、それ自体を仕事としてやってないと普通は難しく感じる。

最近経験したのだけれど、書類をいっぱい書かされるし、書き方が分からなかったり、そんな直ぐには手に入らないよっていう書類もあった。

人を雇うっていうのが大変な作業だとは分かるけれど、、、せっかくの経験だったので、まとめてみようかと思います。

退職時に必要な手続き、もらえる書類

◎健康保険被保険者証
こう書かれると一瞬分からなくなるけれど、単純に健康保険証のこと。
退職日以降に会社側に返却するか、退職日前に返却して、証明書を発行してもらうこともできる。
どっちの方法によるのかは、勤務先によるので、確認した方がいいです。

人事の専門家に、急に正式名称で説明されると、知ってることでも「?」となる。もっと簡単に説明して欲しいもんだ。

雇用保険被保険者証
失業後に失業保険をもらうためや、次の会社に提出するために必要なもの。
納めていたという自覚はなかったとしても、保険料をきちんと納めていたということを証明するもの。

ちなみに、googleによると、失業保険という言葉自体ないらしいです。

◎健康保険脱退連絡票または、健康保険資格御喪失証明書
会社によって呼び方が異なるらしい。呼び方が変わるのって、ググっても混乱するのでやめてほしい。

これは健康保険証を返しましたってことを証明するもので、健康保険証を返却し、会社側が手続きを終了したらもらえる。次の会社に提出するために必要なので必ずもらおう。

◎住民税の特別徴収に関わる届出書
住民税を給与天引きしているとを特別徴収という。給料をもらっている一般的な会社員なら特別徴収になっているはず。
次の会社でも普通は住民税を給与天引きすると思うので、必ずもらおう。

源泉徴収票
毎年12月とかにもらうもの。一年でどんだけお金をもらったか確認して、自分の年収は一般的にどのレベルなんだ?と考える程度の認識のひとも多いのかな。ちなみに僕はそうです。

この書類は新しく入社する会社によってはすぐに必要な場合もあるので、確認した方が良いかも。その場合は、辞める会社にその旨を伝えれば早くもらえる。

離職票
会社を辞めても次の会社が決まっていない場合は、ハローワークに行って失業保険をもらう場合もあると思う。そのときに必要なのが離職票
次の会社が決まっていたら必要ないはず。僕は転職を経験しているけれど、必要になった事はないのでもらったことはないです。

入社手続き時に必要になる書類

次に勤める会社が決まっている場合、退職手続きと同時に進めなければいけないのが、次の会社への入社手続き。手続きに必要な書類は郵送されてくるので、それに記入をするだけでいいのだけれど、それ以外にも市役所などで入手しなければいけない書類があります。

事前に入手できるものは、余裕がある内に入手しといた方が楽です。

◎住民票
住宅手当がある会社だと必要。住宅手当がない会社でも必要なのかな、、、?
市役所や駅構内にある行政サービスコーナーで、1通300円で入手できるので、続柄を含めて家族全員分もらっておいても良いかなと思う。

◎課税証明書、非課税証明書
これも名前が統一されていない書類。ややこしいから困る。新しく勤める会社で、配偶者の扶養控除を申請するときに必要になる。
市役所、または行政サービスコーナーで入手可能。ただし、申請を休日に行う場合は、休み明けの発行になる。

◎卒業証明書
学校を卒業する時にもらえる卒業証書じゃないので注意です。卒業証明書は出身校に問い合わせると、窓口、または郵送で申請ができるので、HPで確認するといい。

郵送で申請すると1~2週間程度かかる。卒業証明書に有効期限はないので、事前に入手しておいた方が良いかも。新しく入社する会社ではほぼ必要になります。

◎年金手帳
年金手帳は勤め先に預ける場合と、提出後に返却され自分で保管しておく場合の2つのケースがあります。

マイナンバー
最近では会社側でコピーの提出を求めてくる。取り扱いには注意した方が良いと思うので、僕は初出社日に持参する様にしました。

通勤方法を考える。電車通勤と自動車通勤を比較してみました。

会社までの通勤方法で、電車通勤と自動車通勤を再考してみた。
電車通勤であれば、移動時間中にスマホを操作したり、本を読んだり、集中できる時間がとれる。
けれど、自動車通勤では暑さ、寒さ、天候の影響を受けにくかったり、車内でプライベート時間を取ることができるメリットがある。

そんなわけで、どっちがいいのか、ちょっとマジメに考えてみた。

車の使用条件を想定する

使用状況 走行距離 買替時期
通勤+プラ 2万km/年 15万キロ到達時
プラ 0.5万km/年 購入8年後

※プラ:プライベート

通勤は片道30kmで、年間240日で計算してみた。
買替のタイミングは、ザックリ決めた。

中古車の購入価格

車種 年式 燃費 走行距離 中古価格
プリウス 2010年(30系) 21km/L 1.3万km 120万円
プリウス 2010年(30系) 21km/L 7万km 80万円
カローラF/H 2014年 21km/L 2万km 170万円
カローラF/H 2014年 21km/L 5万km 130万円
ノート 2012年(E12系) 15km/L 0.7万km 80万円
ノート 2012年(E12系) 15km/L 5.2万km 60万円
フリード 2012年(GB5,6) 13km/L 1.8万km 150万円
フリード 2010年(GB5,6) 13km/L 6.5万km 110万円
ノア 2012年(70系) 10km/L 1.8万km 160万円
ノア 2013年(70系) 10km/L 7万km 120万円

カローラF/H:カローラフィールダーハイブリッド
※燃費は実走行を想定
※購入は中古車

購入は新車にこだわらずに中古車で検討した。
通勤に使用する場合は走行距離が少な目の車を購入する必要があるけれど、休日にプライベートで使用するくらいなら多少走行距離があっても問題はないと思う。

中古車の想定される使用年数を計算する

車種 購入時 買替時 使用状況 使用年数
プリウス 1.3万km 15万km 通勤+プラ 6.85年
プリウス 7万km 11万km プラ 8年
カローラF/H 2万km 15万km 通勤+プラ 6.5年
カローラF/H 5万km 9万km プラ 8年
ノート 0.7万km 15万km 通勤+プラ 7.15年
ノート 5.2万km 9.2万km プラ 8年
フリード 1.8万km 15万km 通勤+プラ 6.6年
フリード 6.5万km 10.5万km プラ 8年
ノア 1.8万km 15万km 通勤+プラ 6.6年
ノア 7万km 11万km プラ 8年

中古車の購入費用を月割りで計算する

車種 中古価格 使用年数 償却 差額
プリウス 120万円 6.85年 1.5万円/月 -
プリウス 80万円 8年 0.8万円/月 0.7万円/月
カローラF/H 170万円 6.5年 2.2万円/月 -
カローラF/H 130万円 8年 1.4万円/月 0.8万円/月
ノート 80万円 7.15年 0.9万円/月 -
ノート 60万円 8年 0.6万円/月 0.3万円/月
フリード 150万円 6.6年 1.9万円/月 -
フリード 110万円 8年 1.1万円/月 0.8万円/月
ノア 160万円 6.6年 2万円/月 -
ノア 120万円 8年 1.3万円/月 0.7万円/月

支給される交通費を計算する

基準ガソリン費 通勤距離(往復) 燃費 交通費 交通費 差額
支給 18円/km 50km - 1080円/日 2.4万円/月 -
実費 125円/L 21km/L 300円/日 0.8万円/月 1.6万円/月
実費 12km/L 520円/日 1.3万円/月 1.1万円/月
実費 10km/L 625円/日 1.6万円/月 0.8万円/月

会社から支給される交通費は大体少し多めに支給されると思う。この計算では少し多めかなとは思う。

自動車通勤と電車通勤の検討結果

高燃費のハイブリッドカー、または燃費12km/L程度までのフリード相当の自動車で通勤する場合においては、自動車通勤でも単純計算では損は発生しないかな。
一方、ミニバンクラスになると、燃費が悪くなることから自動車通勤では損が発生すると思う。

以上の検討結果では単純計算であるので、通勤に関わるストレスや、安全性、通勤使用時の自動車保険の割増し、自動車のメンテナンス費用は考慮していない。

今回の検討結果を見る限り、僕の場合は電車通勤の方がメリットが高い様な気がする。

価値観は人それぞれなんだから、人に言われたことなんか気にしない

些細なことで頭がモヤモヤ

先日、ものすごく些細な事だけれど、ひとから言われたことに対してモヤモヤと気にしてしまったことがある。

僕はどちらかというと、ひとから言われたこと、指摘されたことを気にしてしまう方だと思う。ひとの目を気にするのとはちょっと違って、他人が何も言わなければ、自分の考えで物事を進めることができる。でも、それに対して何か言われると、その内容を気にしてしまう。自分の考えが悪いのか、行動の仕方が悪いのか、とか気になってしまう。

ひとの意見を気にしないよりは良いことだ

全く気にしないというのよりは良い事なのかもしれないけれど、こんなことを繰り返していると、少しずつ自分の個性が失われていくような気がしてならない。無難な考え方や行動の仕方になっていくような気がしてならない。

育ってきた環境、受けてきた教育も違うんだから、ひとの考え方なんかはそれぞれ、それも個性だ。余程自分の方が悪かった場合を除いて、ひとから言われたことなんか気にしたって仕方がない。自分が悪かった場合は真摯にその意見を受け入れ、そうでない場合は気にしないのが良い。

先日僕が気にしてしまった出来事も、些細な事ではあったけれど、僕の行動の仕方が悪かったところもある。経験的に分かっていたことだったから、勝手にやってしまったというのが良くなかった。
でも、その程度のことをいちいち確認すべきなのか、そこがどうも納得できないことではある。

ひとの意見を受け入れられる余裕が欲しい

そこも含めて、ひとの意見を「気にしない」が「聞く耳を持たない」ではなく、「そういう考え方もあるのか!」と思えるような、余裕のある大人に早くなってみたい。

面接担当者を納得させる転職理由には、ストーリーが大切だ!

転職活動で必ず聞かれる転職理由。どう組み立てればいいのか結構悩んだ。

特に転職が3回目ともなると、今までの転職理由も聞かれるから、それを含めて相手を納得させる理由じゃないといけない。

ぶっちゃけ、過去の転職理由なんて、ストーリーとして成り立っていれば、事実と多少違っても問題にはならないんだなと感じた。
むしろ「~なので転職した」「(計画通りに)~のスキルを磨いた」という様に、論理立てて説明できることの方が大切だった。

スキルアップを転職ストーリーの軸に

転職のストーリーを考える時、スキルアップを理由にすると組立易かった。

「将来、自分はこの様になりたい。その為には~のスキルを身に付けたい。しかし、現職ではそれが難しく、転職を検討している」

と、こんな風に考えた。

でも、転職が複数回あって、全部の転職理由をスキルアップにしてしまうと、次の会社もスキルアップを目的に辞められちゃうと思われる可能性もあった。
なので、途中で環境変化による転職理由を付け加えた。

例えば、会社の大幅な就業環境の変化や、親の介護等という、自分自身ではどうしようもできない理由を間に挟んだ。くれぐれも嘘はいけないけれどね。

転職理由には客観性を持たせよう

こんな風に転職理由を考えていると、「現職ではそれが難しく」というところにも客観性が欲しくなる。

自分がアクションを起こすことで変えられないのかってのが、気になってくる。誰が聞いても解決が難しいという理由なら良いけれど、そうじゃない場合は面接で突っ込まれる。

そのためには、それを解消するために必要と思われる行動を実際にやってみて、それでも無理だったと伝えればいい。そしてそれを強調して伝えればいい。嘘じゃないから問題ない。

僕の場合は、「上司に~という解決策を提案した」という事実を作り、面接では「機を見て複数回~という提案をしたが、改善されることはなかった。この原因は~だと考えられ、独力では解決が困難だと判断し転職を検討している」という様に、ちょこっと強調して伝えた。

ポイントは自分の将来像

転職理由のストーリーを組み立てるとき、大切なのは自分の将来像をイメージして、それに向かって進んでいるかってことだと思う。
軸を作って、それに経験で枝を付け足していく感じ。そうすると結構いい転職ストーリーが完成する。

転職活動の最後の関門、退職交渉を円満に乗り切るために必要なこと

転職先が決まって、退職準備中。
上司との面談も4回行って、ようやく退職届を受け取ってもらえそう。
退職するのって簡単じゃない。

採用面接をくぐり抜けて、ようやく貰った内定後に、待っているのが現職の退職手続き。
僕は恥ずかしながら何回か転職をして、これを経験しているけれど
退職手続きの大変さは、会社によって全然違う。

退職の意思表示は、退職日から1か月以上前でないと間に合わない

退職届の提出は、退職日から2週間以上前というのが一般的っぽい。
実際僕が経験した会社では全てその通りだった。
それでも、絶対に2週間じゃ会社は辞められない。

内定をもらい、現職の直属の上司に退職したい旨を伝えるけれど
退職届を受け取ってもらうまでに何度も面談をして、引き留められる。
何で辞めるのか、次は決まっているのか等、いろんなことを聞かれる。
直属の上司に退職意思を伝えると、次はその上の上司と面談をして
次々と上位役職者と順番に面談をする。
そんなことをしていると、2週間なんてあっという間に過ぎてしまう。

次の会社の入社日を厳守するため、嘘の退職理由も必要かも

上司との退職交渉と並行して進めなければいけいないことは
内定をもらった会社に、入社可能日を連絡すること。
現職の退職日が確定する前に連絡しなければいけないから
一度決めた入社日を変えない様に退職日を確定させる必要がある。

退職交渉ではこちらの不満を解消させるために、ホントに色々言ってくる。
特別昇格させるとか、ホントに言われて面白くもあった。
そんな甘い誘惑に惑わされずに退職日を確定させるためには、嘘も方便かも。
本音の退職理由を伝えて、それを解消すると言われても心惑わされないために。

そして退職断言することが、本当に大切だと思う。

退職スケジュールの確認は遠慮せずに

何度も面談をしていると、退職届も受け取ってもらえずに不安になった。
上司としては、退職手続きは優先度が低いからなのかも知れない。
そんなとき、僕はメールでスケジュールを確定したい旨を伝えて乗り切った。
やんわりと事実を伝えたら、すぐに退職届を受理してもらえたのはラッキーだったのかも。

退職手続きは結構タイヘン。本音を隠して伝えているから気を遣う。
本音は退職届が受理されてから、個人的に伝えようかな。